みんなのダイエット日誌

ダイエットはみんなで楽しくがモットー♪ダイエット体験談等も募集しています!

インナーマッスルとは

インナーマッスルとは、体の深層部にあって内臓や骨と密着し、その正常な位置を維持する重要な役割があります。そのため姿勢安定筋とも呼ばれるのだそうです。

骨盤周辺を支えるインナーマッスルは多数あり、それぞれが連結して骨盤及び内包されている内臓のバランスを保っているわけですが、上述した原因などで筋肉の力関係が不均衡になったり緩んだりすると、位置関係が崩れ、骨盤のズレを引き起こしてしまいます。

こうして本来の動きが制限されたり必要以上の負担がかかったりすると、おのずと他の部位を使ってバランスをとろうとしますから、その代わりをしている部位や周囲に負担がかかってしまい、かえってバランスを崩してしまうことにもなりかねません。

骨盤周辺の主なインナーマッスルは、大腿骨と上半身をつなぐ腸腰筋(脊柱と大腿骨を結ぶ大腰筋と大腿骨と骨盤を結ぶ腸骨筋から成る)、骨盤とその中にある内臓を底辺から支える骨盤底筋群です。