みんなのダイエット日誌

ダイエットはみんなで楽しくがモットー♪ダイエット体験談等も募集しています!

骨盤底筋群に注目!

骨盤底筋群は尿道・産道となる膣、肛門を締めたりする筋肉であり、非常に緩みやすい筋肉でもあります。また、出産の際は一番重要な働きをする筋肉であり、一番ダメージを受ける筋肉でもあります。

骨盤底筋群はウエストにくびれをもたらす腹横筋と密接に関係していて、腹横筋が動かなければ骨盤底筋群の働きが悪くなります。骨盤底筋群が弛んでしまえば、内臓を支えられなくなり下に垂れ下がってしまいます。下っ腹が出てしまうばかりか内臓の機能も低下してしまいます。

内臓全体が下垂してしまい、大腸が圧迫され動きも鈍くなるわけ、便秘になってしまうことも。骨盤のズレからその開閉が阻害され血行不良になると、生理痛がひどかったり生理が不順だったりします。

また、子宮や卵巣の機能が低下してしまい、妊娠・出産に悪影響を及ぼす卵管障害や着床困難、不妊症や流産等の原因となります。こうなってしまえば、ボディラインがどうのなんて、言っている場合ではありません。

骨盤ダイエットの肝!大腰筋とは?

骨盤は「前傾している」「後傾している」とよくいわれます。「前傾している」というのは、前方に傾いているということで、上半身が前に出て、下半身が後ろに出てしまう、いわゆる“出っ尻”型です。背骨の反り返りが大きいことが特徴的ですが、そうなると、腰に負担がかかって痛めやすくなってしまいます。

おなかの筋肉も拡張・収縮の動きが減ってしまいますので、筋力が衰えて、下腹部がぽっこり出てしまいます。欧米人に多く見られる体系で、腰の位置が高く、ヒップは大きくても張りがあってキュッと上に盛り上がっていて、脚がスラリと長くみえます。

これをナイスバディとあがめる日本人も少なくありません。この体系は、ヒップや大腿部を上に引き上げる大腰筋が発達しているからであり、大きさは日本人の倍はあるともいわれています。ところが、“見た目”は格好が良くても、“出っ尻”すぎるのも健康的とはいえないようです。

大腰筋が逆に緩んでしまえば、ヒップがボテッと垂れ下がってしまい、下腹部も前に突き出してしまいます。骨盤が後傾すると腰椎も後方に反り、バランスをとるために頭部が前へ傾き、自然と脊椎も前傾してしまうので、猫背となってしまいます。すると肩や首に負担がかかって肩こり、首こりを起こします。

デスクワークで長時間イスに座ってパソコンと格闘している人は、前のめりになりやすいし、体を動かす機会も少なく、後傾にやりやすいといわれています。大腰筋の衰えは、歩行姿の美しさにも影響を与えます。当然、猫背ですし、歩幅が狭くなり、ちょっとしたものに引っかかって転びやすくなります。颯爽と、というには程遠く、見た目にも老けて見えてしまいます。